雨樋、軒天、破風板にも塗装が必要です

外壁や屋根以外にもお住まいはさまざま場所に塗装が必要です。

雨どい塗装の様子

例えば雨樋、一般的なお住まいの場合、樹脂製のものが使われているのではないでしょうか。この樹脂製の雨樋、新しい時にはほどほどの柔軟性があり、たわんだりしても元に戻ります。強風時には変形して風から受ける力を逃がしているのです。日光に晒され続けると、紫外線によって色褪せと硬化が進んできます。硬くなると変形して風から受ける力を逃がすことができず、ポッキリと折れたり、継ぎ手が部分が外れて脱落してしまいます。塗装することによって紫外線を防ぎ、褪色や硬化の進行を抑えることができるのです。

外壁から飛び出している屋根の天井部分を軒天と言います。昔はベニヤが用いられることが多かったのですが、現在はケイカル(ケイ酸カルシウム)板が主流になっています。こちらは直接、雨にあたることはほぼないのですが、強風時には破風や鼻隠しに付いた雨水が風に煽られて伝ってくることがあります。また、外壁などに付いた雨水がなどが蒸発する時、湿気に晒されることになります。ベニヤも、ケイカル板も湿気を吸うと膨張し、剥がれてきたり、強度が落ちたりします。できるだけ湿気を吸わないように塗装で保護してあげる必要があるのです。

破風板塗装の様子

切り妻屋根の端部、斜めになったところに取り付けられている板のこと破風板と呼びます。素材は木材、化粧サイディング、金属とさまざまなものがあります。木材やサイディングは吸水させないため、金属は直接、雨水や空気に触れさせないため、塗装が必要です。地面に対して水平になっている屋根の端部は鼻隠しと呼ばれ、こちらも破風板と同様の素材が用いられていますので、同じく塗装が必要です。

雨戸やそれを収納する戸袋にもさまざまな素材がありますが、多くは金属製で鋼板(ガルバリウムが多い)かアルミが使われています。このうち、アルミは塗装できませんが、鋼板のものは塗装が必要になってきます。雨水と空気に直接、触れさせないためです。

普段雨樋や破風板などの塗装を気にされる方は少ないかと思います。
そういった方は、まず塗装専門業者に点検をお願いすることが一番です。街の外壁塗装やさんでは全国対応可能で、お住まいの点検やお見積りを無料で行ってくれます。
お住まいの劣化症状を早めに知っておくことで、修理費や工事費が安くなることもありますので、一度点検してみてはどうでしょう。