外壁・屋根塗装にお勧めの塗料について

外壁や屋根塗装は住宅を雨水から守るために重要なメンテナンスのリフォームです。こうしたポイントを理解していて屋根・外壁塗装を行う方でも、塗料の選定が重要である事を知らない方が意外と少なくないのです。
外壁塗装の現場

屋根・外壁塗装は、汚れを高圧洗浄機等で落とし、クラックが入ったりして傷んだ箇所をパテ等で修復し、その後に3回塗り等で塗料を塗るのが一般的です。この塗料の種類により、実は塗った後の塗膜寿命が異なり、寿命の短いものを塗ると、塗り直しの頻度が多くなるという欠点があります。
しかし、塗膜寿命が長いものは塗料の価格が高く、予算を勘案しつつ、コストパフォーマンスの良い種類を選ぶのがベターと言えます。こうしたコストパフォーマンスの視点から、12~15年程度が寿命と言われているシリコン系の塗料を選定する方が多く、予算を優先される場合には、このシリコン系の塗料がお勧めです。

もう1つの選択方法としては、少し価格は高くなりますが、機能性塗料を使い、こだわりを実現するのもお勧めです。その1つが汚れの自己クリーニング効果のある光触媒塗料であり、もう1つは遮光・断熱塗料を使い夏のエアコン代を節約する方法です。
遮熱・断熱塗料を屋根・外壁塗装に使用すると、夏場の室温が2~3℃下がると言われており、塗料価格は上がりますが、夏場のエアコンの電気代を節約する事が可能です。
予算に余裕があるなら、こうした機能性塗料を選択するのもお勧めと言えます。

他にも塗料についての疑問や相談がある場合は、まずは業者に聞いてみることが一番です。塗料についての詳しいページがあるのが街の外壁塗装やさん千葉本店です。一度確認してみてはいかがでしょうか。